スマホカバーイラストの色合い RGBとCMYKの違い

スマホカバーイラストの色合い

RGBとCMYK

色の表現にはTVやモニターなどで使用されている光の三原色とも呼ばれるRGBという方法と、プリンターなど印刷で使用されるCMYKという方法の2種類があり、スマートフォンのカバーイラストはCMYK方式での表現となります。

 

RGB

R(レッド)・G(グリーン)・B(ブルー)の頭文字を取ったもの。

 

 

RGBは3つの原色からなる有色の光を混ぜ合わせることで様々な色を表現しています。すべての色を合わせると白になるのですが、これは光を重ねているためです。

 

CMYK

C(シアン)・M(マゼンダ)・Y(イエロー)・K(キープレート)の頭文字を取ったもの。

 

 

RGBの表現は有色の光を混ぜ合わせるのに対し、印刷で使用されるCMYKは3つの原色(C/M/Y。色の三原色)を使用して元の光を遮ることで様々な色を表現しています。

 

光を重ねるRGBとは異なり光を遮ることで色の表現をしているため、すべての色を合わせると黒になるのですが、綺麗な黒にするのは技術的に困難なためにブラックを追加した4色で表現します。何かの表面に塗装をする色の表現方法はすべてCMYK方式を使用しています。

 

写真や雑誌、ポスターといったものや、絵具もCMYK方式になります。
光を遮る方式のために白を表現することができなく、ベースは白である必要があります。

 

当店のUV印刷は白インクも追加された6色での表現です。曲面印刷はCMYKの4色表現となります。

 

RGBとCMYKの主な違い

RGBとCMYKの主な違いは、発色(彩度)の違いです。RGBの画像をCMYKに変換してみました。

 

RGB CMYK

 

これはRGBで作成された画像をCMYKに変換したものです。発光で表現するRGBは明るく、遮るCMYKは抑えた色合いになります。物質で光を遮ることで色を表現するCMYKではRGBの明るさは表現できません。

 

当店のスマホカバーイラストはできるだけ商品と同じ色合を表現するためにすべてCMYK方式で作成し、再度RGBに変換しています。これはブラウザがCMYKに対応していないため、CMYKで作成した画像をそのまま使用してしまうと本来の色合いとは異なるように見えるためです。

 

また、RGBの方が表現の幅が広いので、幅の狭いCMYKからRGBへの変換は色合いがあまり変わりません。

 

CMYK RGB

 

ただ、モニターの機種やコントラストや明るさの設定によっては実際の商品とは色合いの見え方が異なってきますのでご了承ください。

 

実際の商品サンプル

スマホカバーケースの材質と印刷方法

 

スマホカバーのケース屋さん


このページのURLを付けてツイートするとコメントのように表示されます。


このページをみんなでシェアしませんか?

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加